こんばんは。突然、失礼いたします。ラヂオ杯 in central主宰の藤原です。
今回の大会の日程を10月28日(日)といたしましたが、諸事情により12月1日(土)or2日(日)への変更を考えております。
また、日程の詳細が決まり次第こちらのブログで告知を行いますので何卒よろしくお願いします。
二転三転して申し訳ございません。それではよろしくお願いします。
ラヂオ杯 in central 主宰 藤原雅治

 


更新をおろそかにしてすみませんでした。
準決勝の話をここからしていこうと思います。
3roundの予選上位8名+敗者復活者が、準決勝に進出します。
ここでは、早押し5問+多答1問のフェイズを10回繰り返します。
それぞれ、早押しと多答の正解は1ptとなります。
また、フェイズごとに早押し正解数が一番多い人物が多答の選択権・回答順の決定権を与えられます。(並んでしまった場合は1フェイズ目は1R上位、2フェイズ目以降はポイント数→多答正解数→早押し正解数→1R上位順になります。)
ここでの上位4名が決勝進出です。
同点の場合の判定順位は多答正解数→早押し正解数→1R順位とさせていただきます。





コース別その6は女性声優&萌えアニメです。
ここでの問題は当大会の専任スタッフである、石坂の問題が中心に出題されます。
クイズに次ぐ私の趣味である女性声優と萌えアニメに関する問題を出題します。
難易度は簡単なものからマニアックな問題まで、幅広くなっておりますが、全体的に易しめです。

ルールは6by6で、初期配置は0×6からスタートします。正解していくと1×6、2×6…と増えていきます。
逆に誤答すると0×5、0×4…というようになります。
この積が36以上になると勝ち抜けとなります。
また、6回誤答した場合は失格となります。
ここでの限定問題数は50問とします。

限定問題終了時の判定は、勝ち抜け→ポイントの多さ→〇の数→×の数→ペーパー順位とします。

ここでの予選ポイントは、1位60p、2位45p、3位30p、4位20p、5位15p、6位10pです。 

↑このページのトップヘ